トップ > デザイン > OEM香水制作サービス

制作プロセス

OEM香水の開発

オリジナル香水の制作プロセス


オリジナル香水の制作概要です。香水制作の製造自体は特別な設備や機材は必要ありませんので比較的簡単にできますが、反面さまざまな制約もあります。

香水瓶や香水ボトルなどオリジナル容器の製造から希望されるお客様は少なくありません。オリジナルの容器製造は容器を成型する型起こしから必要になります。

オリジナル香水瓶の制作を希望される方は後述の「オリジナル香水瓶の容器製造」をご覧下さい。

オリジナル香水の制作形態

オリジナル香水の当社ご提供方法は2つです。「フルデザイン」「香りのライブラリー」

「フルデザイン」方式

フルデザインとは、当社フレグランスデザイナーがお客様へのインタビュー(ヒアリング)を通してゼロから香りを創り上げていきます。専任のフレグランスデザイナーが香水の製品納品まで担当させていただきます。

「香りのライブラリー」方式

「香りのライブラリー」とは、当社が過去15年以上の間に蓄積した多彩な香りの処方箋です。この中からイメージに近い香りをご提供するというものです。

ライブラリーは液体(オードトワレやパルファム)の状態で保管しているわけではなく処方(データベース=データ)として保管されていますのですべての香りをその場でリアルタイムにお試しいただくことは不可能です。

ライブラリーの中でお気に召す香りが見つかれば、それをそのまま利用する場合と、必要に応じて「香りの直し」を入れることもできます。

オリジナル香水を創るための第一歩、香りの調書

ライブラリーもフルデザインも「香りの調書」をご記入いただくことから始まります。「香りの調書」とはシンプルな香りのアンケートです。これをもとに香りの調香、香りの処方箋作りがはじまります。

オリジナル香水、お受けできないケース

オリジナル香水の制作依頼をお受けできないケースがあります。薬事法などの法律・規制に接触する恐れがあるもの、他社や個人の工業権・知的財産権を侵害する恐れがあるもの、制作不可能と判断される香り、その他の理由でご注文をお受けできない場合があります。

  • 効果・効能を謳う商品(薬事法にて禁止されています)
  • 食品の香り(すでに多種多様のフレーバーがありますので香料会社にご相談下さい)
  • 有名ブランド香水や他社製香水・他社製トイレタリー製品のコピーやイミテーション・復刻
  • フェロモン香水の開発・制作
  • 魔法や神秘的なパワー・宗教的なエネルギー注入目的の香水開発


※地方名産の土、植物、水、塩などを配合したい場合はご相談ください。化粧品原料として配合が可能な場合と配合できない場合があります。