新「菩提樹の花」、リリース準備中
  • (2017-04-04)
<< (募集) シャワーカーテンのニオイ、お悩みの方< | >嗅覚トラブル >>
「菩提樹の花」がリニューアルされます。本日、プロダクションバージョンの香りをスメリングしましたので、レビューします(2017/04/03)

オードパルファン「菩提樹の花」

(リニューアルしたフローラル・フォーシーズンズ「菩提樹の花」)



新・リンデンの誕生


「菩提樹の花」は、ボダイジュの黄色い花の香りをイメージして制作された香りです。

ボダイジュの英名は「Linden Blossom」(リンデン)、仏語名「Tilleul」(フランス語はカタカナではまったく表現しにくいのですが、あえて近い音で書けば「ティユエル」か?)。

社内では「リンデン」と呼ばれることが多い製品です。

当社の初期の時代からある製品ですが、原料の一部が入手困難になったこと、数年ごとに厳しくなるIFRA(世界的な香料の自主規制機関)の規制の影響もあり、数年前よりリニューアルを模索してきました。

旧リンデンは、社内パフューマーの作品でしたが、新リンデンは、海外のパフューマーに制作を依頼しました。現在、今年5月1日リリースに向けて製造の手配を行っております。


ふくよかさが増した新・リンデン


本日、プロダクションバージョンのサンプルが上がってきましたので、社内スメリングを行いました。

バランスのよさ、アコードの高さ、ナチュラル感、どれも旧リンデンに劣らない出来映えです。

旧リンデンが持つややユニセックスなシャープさに対して、よりフローラルな印象が一段と増して、香り全体にふくよかさが感じられます。

時間をおいて香りを観察すると、香りの持続性も穏やかながら淡く優しく継続します。旧リンデン・ファンのお客様にも自信を持っておすすめできると思いました。

ただ好みの問題がありますので、新リンデンをお好きな方と旧リンデンをお好きな方に分かれるかもしれません。

男性の側から見れば、フローラル感が増した分、シャープな旧リンデンを好まれる方が多いかもしれません。フェミニンなリンデンを好まれるなら、イチオシ!いたします。

あなたは、どっち?

※5月1日からの販売スタートです。また一部のお客様には母の日キャンペーンのプレゼントとしてお買い物に付いてきます

「菩提樹の花」(Linden Blossom)

母の日キャンペーン

  • (2017-04-04)

[▲page top]