「店舗はありますか?」というお問合せ
店舗のお問合せが多いのですが、現状、具体的な店舗プランはありません(2017/07/04 国分)

コスメショップ
(JR国分寺駅コンコースのロクシタンさん、きれいなディスプレイだったのでワンショット。美しい店舗の一例として刺激になります)

お店で買いたいというお問合せ


「武蔵野ワークスさんのこと知ったのですが、大阪方面にある店舗を教えて下さい」と言った感じの問合せをいただくことがあります。

「近くに住んでいます。会社にお邪魔して買いたいのですが」という問い合わせも。

実際に突然、来社されるお客さまもおられます。

オフィスは通販事務所で、ディスプレイ用の商品もなければ、レジもないので、オフィスでは販売できません。これらの返答は、申し訳なく、返事に窮しています。



伊勢丹・新宿店での記憶


当社の唯一の店舗体験は、新宿伊勢丹さんでの出品のみです。2000年初頭から2008年か2009年頃まで出品していました。

当社がまだ完全に無名だった頃で、伊勢丹に別の用件で来店されたお客様が、たまたま当社の香水を見つけ、

「あれ、なんだこれは! 知らない香水が」

という物珍しい発見をして、二三、商品を手にとって気に入ったものをご購入されるというパターンでした。

60種類の香水を出品しましたので、大きな棚一つをいただく厚遇ぶりでした。

売場大改装と同時に当社は撤退することになりましたが、今でも感謝しております。

こうして店舗がなくなり現在に至っています。



店舗を出すにはまだ力不足


店舗を出すことで信用が増え、また店舗は実は"最大の広告効果が期待できるリアルな広告"。

ムリしてでも店舗を出すことで成長の起爆剤になる可能性があります。

一方、いかんせん、中小企業は社内リソースが限られています。少ないリソースを店舗構築と維持に向けるより、よい製品開発にリソースを集中すべきという考え方もあります。

当社は今のところ製品開発を優先し、無理はできないという選択をしています。

  • (2017-07-05)
<< デコるベタガード< | >自転車のススメ >>

[▲page top]