フルボトルのラベルも進化中
フローラル・フォーシーズンズのラベルもさりげなく進化中です。アイテムによっては「以前のラベルの方がよかった」というご意見もいただきますが、今後も続く予定です(2017/07/05 国分)

F4 new label
(移行したアイテムの一例。武蔵野ワークスのフルボトル・ラベルは、長い間、縦長の旗をイメージした"タペストリー型"でしたが、現在"切手型"に移行中です)

縦長のタペストリー型


縦長のタペストリー型は、見方によっては日本の伝統のノボリ旗と同じ形状。タペストリーは壁に、ノボリは竿に止めますので、その辺が大きな違いですが、縦長の旗は、人の心に届く形状だなと感じています。

ヨーロッパの街を歩くと、けっこう縦長のタペストリー型の旗がかけられていますが、案外、きれいだなという印象を持ってしまいます。

しかし、香水の正面ラベルをタペストリー型にするブランドさんは多くありません。当社では長年、縦長タペストリー型を採用してきました。


ボトル変更に伴うラベルの移行


昨年、主に環境配慮的な意図から、スプレー部分が圧着されたフランス製ボトルを断念し、スプレーが脱着可能な日本製のボトルに移行することことにしました。

それに伴いボトルの形状によりフィットするラベルとして切手型のラベルの採用に踏み切りました。

お客様の反応は、すべてウエルカムとは行きませんでした。

中にはお電話にて「これから、ずっとこれ?」とご不満のご意見も。しかし、おおむねスプレー脱着方式は歓迎され、同時に新ラベルも少しずつ受け入れてもらっている印象です。


時間をかけて移行します


現在、"タペストリー型"ラベルと"切手型"ラベルは混在しておりますが、多くの製品が、時間をかけて移行される予定です(タペストリー型のままで残る製品もあるかもしれません)

  • (2017-07-05)
<< 今回は頓挫ながら、国分は喜々として利用中< | >スモカワCUBE、種類が増えました >>

[▲page top]