夏の終わり、かすかにキンモクセイ香る
事務所近くで聞こえてくるセミの鳴き声は、気づけばツクツクボウシに変化しています。晩夏なんですね (2017/08/25 国分)


ウスギモクセイ
(2017年8月25日撮影 毎日、まだ真夏の強烈な暑さが続いていますが、季節は移り変わりつつ)


エスパー


同じ市内に住む知人は、毎年キンモクセイの香りをいち早く感じるタイプの人で、感じるとメールをくれます。

彼女の話によると花の姿は見えないけど「ニオイがしてくる」とのこと。

(私は彼女のことを"エスパー"と呼んでいます)

そのメールが、今年は、まだ8月というのに、数日前にきました。

「まさか」と思いました。

いつも早いことは早いのですが、まだ9月にもなっていないこの時期に。

今朝、早朝早起きして、公園に行きました。人もまばらな公園は、なんと、キンモクセイの香りが微かに満ちていました。

感じるられるか、感じられないか、のかすかな香りです。


香りの源はウスギモクセイ


香りの源はすぐにわかりました。公園入り口近くのウスギモクセイ。上の写真は、今朝撮影したモノです。すでに満開を超えて一部散り始めていました。

この散り具合から判断して、満開は数日前、まさにエスパーからのお告げの日のころ。

ウスギモクセイ
(地面を飾るウスギモクセイの花びら、早くも散り始めていました)


ウスギモクセイは、一般にキンモクセイよりも早く咲きますが、今年は例年と比較すると早すぎる気がします。おそらく二度咲きのパターンかもしれません。

このウスギモクセイの様子から考えると、この年のキンモクセイは早そうです。

東京のキンモクセイは、例年9月下旬から10月上旬ですが、今年は、もしかしたら中旬あたりから?


※余談ですが、早朝の公園は、いろいろな香りが漂っていました。昼間は暑すぎて近寄れないし、嗅覚が今ひとつパッとしませんが、早朝は、鼻の感覚は敏感なようです。季節の花が移ろいで行くことが香りの変化で感じられました。季節は確実に変化しているようです。



薄黄木犀が満開


  • (2017-08-25)
<< 雑誌『香る生活』= 暮らしの中の香り< | >練り香水の歴史を考えてみた >>

[▲page top]