雑誌『香る生活』= 暮らしの中の香り
「香る生活」は当社が時々発行している香りの雑誌。「もう発行しないんですか?」とお客様からメールをいただき、返事ついでに「香る生活」の現状報告となりました (2018/08/26 国分)


雑誌『香る生活』
(『香る生活』の一例、Vol12 & Vol14の表紙)


本当は20周年記念で出したかった『香る生活』


昨年、当社は開業20周年を迎えました。

記念すべき年なので、20周年記念ページを作成し、オリジナル・フレグランスのリリースなど、ごくささやかなイベントを実施しました。

その前の10周年記念の年には、まったく何もしなかったので、大いなる進歩と喜んでおりましたが、本当は『香る生活 特別版』を刊行することがいいのだが・・・と感じていました。


『香る生活』とは?


長年のお客様は、何冊かお読み頂いているかもしれません。

読まないまでも、ああ、なんか冊子が入っていることあったな~と、思い出されるかも。

1990年代、香水通販を始めた当初から、香水だけを販売しても味気ないので、商品とともに"何か、香りの読み物、欲しいよね"というスタッフの思いから企画された雑誌でした。

構想は20年前ですが、実際に制作し通販の商品とともに入れるようになったのは、2000年代初頭。


紙を手で持って読みたい


ネット通販をメインとする当社なので、WEBで掲載すればいいのではという意見もありました。

いやいや、配達されてきた箱を開けて商品とともに入っている冊子が、いいんです。手作り感があるし。

広告チラシ・広告カタログにならないよう、楽しめる読み物にすべく、当社スタッフが自分の足で集めてきた香りネタの話題に徹してきました。

※とはいえ、紙媒体は木材パルプを消耗し、最終的には焼却処分され熱とCO2排出となりますので、社会全体の利益としては減少傾向が正しい方向性かと考えます。


しばらく発行が止まっているものの・・


『香る生活』は、ネタ集め・取材(インタビュー)・記事作成・編集レイアウト・印刷という雑誌発行・出版作業の全行程を、印刷所さんに入稿する印刷・製本以外は、すべて内製でやります。

それなりにパワーがいる作業なので、ちょっと忙しいこの頃、腰がやや重くなっています。そんなわけでこの二年間、発行されていません。

が、「もう発行しないんですか?」の返答は、「いえ、鋭意継続中」です。


「香る生活」の目標、ライフスタイルの提案


商品とともに入れる"何か読み物が欲しい"、が発端ではじまった雑誌ですが、実は、この「香る生活」には密かな野望が隠されています。

それは、香りの楽しさを伝え、日常生活の中で香りの楽しさを取り入れてもらいたい =「ライフスタイルの提案」という野望。

"野望"というほどの大げさなものではありませんが、コンセプトとして、そういう高い目標を設定しているんですよ。

雑貨を販売しているブランド系や意識が高い雑貨屋さんは、"雑貨の販売"でなく"ライフスタイルの提案"を標榜されているところが多い思いますが、考え方は似ています。

なーんだ、自分ところの商売のためか、と思われそうですが、そうなんです。

すれば、その過程で香りへの意識と需要が高まり、巡り巡って当社の売上も間接的に延び、その結果、当社もブランドとして生き延びれるかも、という野望です。

中小企業は、毎日がサバイバルゲームですので。


サブタイトル「香り豊かな暮らし」


「香る生活」にはサブタイトルがついています、それは「香り豊かな暮らし」。

やや歯が浮きかけたアナタ、笑わして申し訳ございません。

・・・いやぁー、もう世界の大ブランドさんが掲げるような高尚な世界観ですよね。が、これくらい野望があってもよいかと考え、設定しておりますが、恥ずかしくて今まで口外しませんでした。


そういう目標の割には・・・


遠大な野望の割には、取り上げられたテーマは、香水容器の工場の話や、原料となるローズやハーブの原産地、ときに海外まで出かけていき、ネタを刈り取ってくるといった内容が多かったと思います。

このテーマ、一般のお客様より、化粧品業界や香水業界、同業者や競合ライバルのみなさまに受けるようなディープなネタでした。

おかしな話ですが、競合ベンダーさんから記事の内容について、教えて欲しいといった電話や訪問があったことも。

競合ベンダーといえども、実際に会えば仲良くなったりするところが人間関係の妙ではありますが。


暮らしの中の香り


ディープすぎて、一般のお客様の関心とはややかけ離れた部分もあったかと反省しています。

もっと日常生活に根ざした暮らしの中の香り、これをテーマに練り直す時期に来ているようです。

二年間のブランクになっている『香る生活』ですが、断念していません。

より身近な「暮らしの中の香り」コンセプトを強化した継続号をお届けできるよう計画を練り練りしております。



  • (2017-08-26)
<< 残り少ない30mLボトルのリスト< | >夏の終わり、かすかにキンモクセイ香る >>

[▲page top]