香水と麻薬
香水と麻薬は、まったく別物ですが、少しだけ関係する接点もあって注意を要します (2017/11/17 国分)

都庁の建物
(下から見上げるよい眺めです)


香料と麻薬


香水の原料である香料には、麻薬や覚醒剤の原料となりうるものがあります。驚きではありません、もともと食品・香料・医薬品・麻薬類は同源ですから、その境目は限りなく不明瞭です。

たとえば、麻薬は多くの場合、劇的効果が期待できる医薬品ともいえます(劇的副作用もあるけど)。

そんなわけで、香料の中には、麻薬に関係する成分も当然あるわけですが、私の場合、最近まで意識することはあまりありませんでした。

しかし、近年、違法薬物が社会問題化しており、取り締まりや規制は強化される傾向にあります。いままで問題にならなかった香料も麻薬への転用の可能性があれば、危険な薬物原料と見なされるようになりました。


迷惑なネーミング「脱法ハーブ」


記事のテーマから少し脱線しますが、「脱法ハーブ」というネーミングに一言。

私が迷惑に感じる部分は「ハーブ」のところ。脱法ハーブは、ハーブでも何でもない。

大半は、違法薬物を、紅茶などの無関係な草や葉っぱに吹き付け、あえてハーブ形状に仕上げた薬物。

ケミカルのままなら薬物に見えますが、ハーブと呼ぶと、なんとなくナチュラルなイメージになる点が狙いでしょうか。

しかも、ネットやショップでは、ハーブやお香の仲間として販売されているケースも多いそうで当惑ですね。脱法ハーブに使われる薬物は、合成大麻(合成カンナビノイド)が多いそうです。


買えない香料


当社では、香料会社さんから様々な香料を香水の原料として仕入れています。

そして、今回もいつものように購入リストを送ると、香料メーカーさんより、そのうちの一品が「麻薬向精神薬原料」なので、しかるべき手続きが必要との連絡がありました。

調べるとその一品、いつの間にか麻薬向精神薬原料に指定されていました。

「以前(だいぶん前だけど)は、大丈夫だったのに」と驚きでした。

薬物関連の法律、いわゆる麻薬4法(「麻薬及び向精神薬取締法」「覚醒剤取締法」「大麻取締法」「あへん法」)は、いままで比較的、無関心に過ごしてきましたが、これらにも関心を向けざるを得なくなったと感じました。

実はこの原料、商社さん経由でフランスからの購入も検討しました。

しかし、フランスでも規制対象で、しかるべき手続きが必要。国内で申請可能なのか、それともフランスまで行ってやるのか、大変そうな予感がして詳細を調べることなく、国内調達に絞りました。


10年ぶりの都庁・薬務課


そんなわけで、先日、しかるべき手続きの一環として都庁の薬務課に足を運びました。

上の写真はそのときのものです。なにせ、10年ぶりの都庁、お上りさん状態です。都庁の下からシャッターを切りました。

そして、21階の薬務課へ。前回の都庁訪問も同じ薬務課でした。そのときは薬事法関連の相談でしたが、前回と違う点は、入り口からすぐに麻薬関連のアナウンスメントや案内が大きく出ていたこと。

薬物問題が大きな案件になっていることを肌で感じました。

  • (2017-11-17)
<< プチギフトに大活躍、ベタガード< | >武蔵野ワークス ローズジェル製造中 >>

[▲page top]