純粋なローズのスキンケア、ローズジェル
「ローズジェル」ホールセールシーズンですね。今日は"ローズジェル誕生話"でお付き合いください (2017/11/26 国分)

武蔵野ローズジェル

(サラサラ感、ブルガリアンローズのスキンケア・ジェル)




武蔵野ローズジェルのリリースは2007年


当社初のスキンケア「武蔵野ローズジェル」は、2007年に販売が開始されました。


香水専業の当社がなぜスキンケア?


当社は、香水メーカーなので、スキンケアは厳密には分野違いなんですが、香水だけだと先細りという危機感がありました。

日本の化粧品市場は、半分以上が「スキンケア」、続いて「メイクアップ」「ヘアケア」とシェアを分けています。一方、香水と言えば、化粧品全体のわずか3%とも2%とも。


隣の芝生は青く見えるもの


余談ですが、化粧品会社さんも成功して大きくなれば、食品や健康食品に手を出したくなるものです。

そんな化粧品会社さん、1社や2社思い浮かびますよね。たとえば、コラーゲンをドリンクにしたりとか。

化粧品をやっていると食品市場がいかに巨大市場かよくわかります。たとえば、原料や容器の発注ロットは、食品の場合、化粧品の軽く100倍・1,000倍の世界です。

また「健康食品」(業界では「健食」と呼ばれたり)は、とっても利益率が高く、こちらも"黄金の島"に見えてしまうんですね。

いずれも「隣の芝生が青く見える」という部分はあります。

当社にとってスキンケアは、隣の青く見えた芝生でした。それでスキンケアに参入したわけですが、結果は?・・・みなさまのご想像通りです。世の中、簡単ではありません。


現実は厳しかった


スキンケア市場は、無名ブランドの新参者が簡単に入れるような戦地ではありません。むしろ、新参者にしては「善戦している」かも。

スキンケアは、化粧品会社がひしめき合う激戦区。"渋谷駅前交差点"のような混み具合。

新参者がなんの武器もなく乗り込んで生き残れる場所ではありません。

この現実は、製品をリリースしてすぐにわかりました。


ローズブームだった10年前の日本


当社製品がリリースされる少し前、2005年頃から日本では穏やかな「ローズブーム」が起きていました。

化粧品だけでなくサプリメントや食品、スイーツにまでバラの花びらやローズオイル、ローズ水を入れ込んだ商品が百花繚乱。

バラ商品専門店やバラ園、バラをテーマにした施設なども次々にオープンしていた時代です。

ローズ専門店などが朝のNHKニュースで取り上げられる盛況ぶりで、"バラ来ているな"という思いはありました。

たとえば、こんなニュースも:

「花の女王とも言われるバラが最近人気だ。香水や化粧品はもちろん、花びら入りのお菓子まで、続々登場している」(朝日新聞 2005年11月07日)

"食べるローズ"や"飲むローズ"も流行っていたんですよ。銀座の高級バーのマダムたちがこれを飲むと成績が上がるとか、まことしやかにささやかれていたものです。


逆に悪いタイミング


今から思えば、参入のタイミングが悪かったかもという気持ちはあります。

流行が、ややピークアウトしたタイミングでの参入。

実際「香水メーカーがスキンケアなんかやる必要ないんだよ」というコメントをいただいたことがあります。文字通りこんな感じの厳しい口調コメントでした。


そして、消えていった世間のローズ製品


当社のローズジェルがリリースされたとき、ローズブームはすでに穏やかな下降曲線。

百花繚乱状態だったローズ製品は、ロウソクの灯が一つ消え、また一つ消えるように舞台を降りていきました。

ある大手ブランドさんのブルガリアンローズのスキンケアクリームは2万円の高価な商品でしたが、売れたのかそうでなかったのか、業界内でも誰も話題にしないくらいひっそりと終わっていました。


本物のローズオイルを愛する人は少ない


ローズと言えば、確かにゴージャスなイメージだけは輝いていますが、本物の香りを生かした製品は驚くほど少ない。

合成された香りを「ローズの香り」と誤解されている人は当時も今も多い。

当社のローズジェルは、純粋なブルガリアンローズの香りを特徴としています。この香りを愛される方はむしろ少数派。

しかし、天然ローズオイルを他の香料で調整せずにスキンケアに落とした製品は世の中に少なく、個性が強かったことで、なんとか生き延びれたのではと今では考えています。

激戦区スキンケア分野において小さく・細く・しぶとく生き残りたいですね。


年末恒例のホールセール


今年も年末恒例のホールセールを開催しております。

本物のローズスキンケアをお届けします。

  • (2017-11-26)
<< 女性理容師さんとベタガード< | >プチギフトに大活躍、ベタガード >>

[▲page top]