ムスクの香り#3

天然ムスクの話


ところで、天然ムスク。天然ムスクは、中国からネパール、モンゴルの山岳地帯にかけて生育しているシカの一種、麝香鹿(ジャコウジカ)から採取されます。

「麝香」とはムスクの意味です。本来、○○シカと呼ばれていたと推測されますが、ムスクが採れるためジャコウジカと呼ばれるようになり、現在ではシカの種名になっているそうです。

ムスクは睾丸から採れるという都市伝説がありますが、睾丸ではなく香嚢というおへそと性器の間にある袋状の組織です。

香嚢にはジェル状の物質が入っており大半はコレステロールなどの動物性脂肪酸ですが、ムスクの香気成分であるムスコン(3-メチルシクロペンタデカノン)が含まれます。

ムスクはメスに対するフェロモン的な効果がある考えられています。


ムスクの香り#5(2018-01-12)
ムスクの香り#4(2018-01-12)
ムスクの香り#3(2007-09-15)
ムスクの香り#2(2007-03-12)
ムスクの香り#1(2007-03-09)
ムスクの謎(2005-12-22)

※この記事は、2007-09-15に投稿した記事を加筆訂正して新規に投稿したものです
  • (2018-01-12)
<< ムスクの香り#4< | >ムスクの香り#2 >>

[▲page top]