返答に窮す突然の電話
  • (2018-01-14)
<< 大酒飲みはライトな酒を評価しない(?)< | >お部屋ごとに違う香りに >>
ある方からの電話です。文字通り電話を取った瞬間から再現します。

「もしもし、お尋ねします。仕事ありませんか?」

これを受けたのは私です。

「助走なしの垂直発射」という感じの質問です。

この会話の恐ろしさは、面食らったところでこの質問に素直に反応すれば、その返答は「YES」か「NO」しかありません。

「NO」の場合は、何か目的あって電話いただいたのに、何の情報も提供できないままデジタル式に会話が完了します。

現在募集をしていないという状況のため返答は「今は募集していません」でした。

「そうですか」と何かを達成したかのような声がして電話は切れました。

それきりでした。



もしも、直球でなく、自己紹介と電話の目的を簡単に説明した上での質問なら、当方の心の準備もできますし、質問の意図も読めます。

「まだましな返答の仕方もできたかも・・・」と自分の電話対応のまずさが悔やまれます。


同時に思うことは、昔なら「電話マナー」という一応のルールと形式があり、知らない人からの電話でも、その形式で会話も進行していました。

しかし、ケータイやスマホの普及で電話があまりにも身近になったせいか、イントロなしの"どストライク型"、増えましたよね。




次の例はオリジナル香水制作・OEMについての問い合わせの電話です。

自己紹介や事情説明なしに、いきなり

「もしもし、ミニボトルでオリジナル香水を作りたいわけよ、できる?」

返答に窮してようや言えた返事は・・・

「えーと、お客様、誰?」

  • (2018-01-14)

[▲page top]