香料は、そんわに悪いですかね
  • (2018-01-18)
<< 素敵なパリ、ブランドにとってのパリ< | >大酒飲みはライトな酒を評価しない(?) >>

世間の評価


世の中には、実際以上によい評価をされているものがある反面、実際より悪く言われるものも、少なくありません。

実際より悪く言われるものの一例に「香料」があります。

香料といえば食品添加物、食品添加物といえば不要なもの・悪しきもの・・・ですよね?


「無添加」マーケティングの大勝利


「無添加」マーケティングの大勝利以来、何かを添加すること自体が、悪いイメージになってしまいました。

たとえば、PET飲料のお茶や紅茶は、そのまま容器に詰めると、すぐに酸化し茶色く変色します。白濁さえします。

そのため、L-アスコルビン酸などの「酸化防止剤」を添加する必要がありますが、一般の方のイメージはどうでしょうか?

「L-アスコルビン酸って何?食品添加物?危ないんじゃないの?」

このような意見を持つ消費者も多いでしょう。


呼び方の違いだけでイメージは180度


ところが、L-アスコルビン酸は、別名 ビタミンC。

「ビタミンC が添加されている」と言うと多くの方が安心します。

が、しかし、市販ビタミンCは、レモンから採取されるのではなく、通常は化学合成されたもの、合成添加物、と説明すると「不安」と感じる人が出てくるのではないでしょうか


すっかり悪者にされて


10年前と比較すれば、下火になってきましたが、テレビなどのマスメディアでは「無香料」「無添加」という宣伝文句が派手にマーケティングされていた時代がありました。

その意図された暗示は「無香料」=「安全」、「無添加」=「安全」

その影響で香料はなんとなく「危ないもの」「悪しきもの」に成り下がってしまいました。

悲しいですね。


ガム噛んで具合が悪くなるか?


香料がその人にとって危険かどうか、おおよその見当がつく簡単なテストがあります。

市販のチューインガムで具合が悪くなるかです。チューインガムは「香料とキシリトール」を食べるための食品。

極端に言えば、ガムを噛むことは香料を食べるようなもの。しかも合成香料を食すること。

食べて異常を訴える人は多くないはずです。


「香料」でなく「フレーバー」と言い換える


「香料」ではイメージがよくないので、私たちは「フレーバー」という言葉を使います。

フレーバーは、おおよそ「合成香料」のことであり、完全に「食品添加物」。

しかし、フレーバーが使われていない加工食品は、捜す方が、むしろ大変です。

チューインガム、キャンディ、お菓子類、コーラ、ジュース、缶コーヒー、漬け物、ハム、たれ、ドレッシング、ソース、パン、冷凍食品・・・冷蔵庫の中に入っている加工食品はほぼすべて香料添加食品です。

このように私たちの生活は、香料からの大きな恩恵を受けながら、一方では悪意あるマーケティングのために香料は悪いイメージに陥れられました。


ここでもか?


さて、以前の話です。テレビショッピングの番組をプロデュースしている会社さんとの打ち合わせをしました。

昔、柄にもなくTVショッピングに、ちょっとだけ露出しておりましたので。

番組で「パルファン」「トワレ」「コロン」の違いの説明する内容でしたが、その説明の仕方を協議しました。

その違いは、実は原料のグレードに違いがある場合も希にあるのですが、通常はたんに「香料の濃度の違い」だけです。

だから「パルファンは香料○○%、トワレは香料○○%」と表にして説明するのが一般的ですが、プロデュース会社さんから「マッタ」が入りました。

「『香料』は『香り』という言葉に置き換えませんか?」


内心「ここでも香料は嫌われ者か」とややあきらめ気味。しかし、黙って意見に耳を傾けました。

化粧品メーカーなどでも製品説明では「香料」を極力避け「香り」で置き換えた文章作りをしているところが多いのです。

たとえば「フルーツの香料を添加しました」より「フルーツの香りを閉じこめました」といった感じです。


しかし、プロデュース会社さんの意見は意表をつくものでした。

「『香料』という言葉を知らない消費者も多いですから」


  • (2018-01-18)

[▲page top]