バラ香水を探す流浪の民
  • (2018-01-22)
<< 肌に付ける以外の香水の使い方< | >ヘレン・ケラー、体臭でわかるその人の生命力 >>

バラの香りに惹かれて


下記は、最近、お客様からお寄せいただいたコメント。

「リアルなバラの香りを探しています。
 お勧めのものがあったら教えてください」


リアルなバラの香り


ローズ系香水は、東西を問わず香水の一大カテゴリー。

そして、溢れるばかりの製品が作られており、さらに毎年大手ブランドや香水メーカーから、これでもいか!とバラ香水の新作が投入されている化粧品業界。

しかし、リアルなバラの香りの香水、なかなかありませんよね。

そうなんです、バラ香水であっても、生花のバラに近い香りは、非常に少ないのです。


バラ香水を探す流浪の民


バラ香水を探し求めて流浪の民と化した人々は、あきらめと多少の期待が入り交じりながら毎年でてくるバラ香水の新作を手にしてみるものの

「やっぱり違う」

という方、少なくないのです。


本物のバラの香りと香水の分かれ目は?


バラ香水が、バラの花の香りになりにくい理由は、2つ:

(1) バラから採れる香料を混ぜ合わせてもバラの生花の香りにならない

(2) 香水が生花の香りであることに価値を感じない調香師(パフューマー)が多い


バラの花の香り成分は、ゲラニオールやシトロネロールなど数百種類が判明しています。

しかし、香り成分を愚直に混ぜ合わせても本物のバラの花の香りとはちょっと違います。

何が違うのか、私自身、微妙すぎて「何か違う」としか表現できない。

また、パフューマーはクリエイターでもあります。新しいオリジナルな香りを作りたい人が多い。

だから、生花の香りに似せて香りを作ることは、技術的に厳しい上に、そもそも情熱を感じるクリエイターが少ないという事情もあります。


香りを分けている差は生命活動?


香りを分けている差ついて、定説はありません。

私は「生命活動の差」ではないかと考えています。

植物は生きており、香りの発散は生命活動の一部です。香水の単純な揮発現象ではなく、香りの量や内容をある程度コントロールする活動と推測されます。

ここに何らかの秘密があるように感じています。

しかし、現在の科学では、香水が生花を香り完全に再現することは、難しいことは事実。

バラ香水を探す流浪の民は今後も流浪が続くようです。



  • (2018-01-22)

[▲page top]