フランスに留学したい!?
  • (2005-11-27)
<< モニター商品、発送しました< | >クリスマス特別リリース『サンタの贈り物』 >>
今年も日仏文化協会から「フランス留学プログラム」の冊子がどっさりと送られてきました。当社が学校と誤解されているかもしれません。以前、調香師の学校について調べたことがあり、いろいろな機関にコンタクトしている過程で登録されたのかもしれません。




専門分野での留学


挨拶状を読むと「近年は語学留学のみではなく専門分野へのご要望も多く...」と書いてありました。確かに。どうせ留学するなら専門分野への留学が楽しい気がします。


敷居が下がった留学


昔と違い留学は特別なことではなく、どうかすると遊ぶために行く人もいれば国内の希望大学に入れなかったからという理由で行く人も多いと聞きます。

そして、せっかく留学したにもかかわらず現地の言葉を覚えない人も多いそうです。なんとなく留学してなんとなく帰国する人もおられるでしょう。


具体的なスキル習得


留学体験がない私にはもったない話に聞こえますが、それだけ留学の目的は多様化していますし、気楽になってきているということでしょうか。

また、留学して総合大学で総合的な知識や一般教養を勉強をしてきても最近は帰国後、それほど有利なことはありません。

それだけ現在は、それぞれのことが専門化していますし、留学そのものの希少性や特権性は消失しました。だから、単に留学するのではなく、目的をもってかなり具体的なスキル習得を目指す留学の方が今は魅力的です。


パフューマー留学


香水の分野ではパフューマーは人気の職業です。「人気」というより「憧れ」という表現が適切です。なぜ憧れかというとパフューマーになりたい人はそれなりにいますが、世界的に働き口がほとんどないためです。

パフューマーになるための素質は、自分自身でパフューマー業を始める人は別として、まずはコネや家系などがスタートラインです。その上でパフューマーとしてのセンスや実力が問われます。

これが現実ですし実状です。そのコネがあるのがフランスなんです。


パフューマー環境の層の厚さ


可能ならフランスで香料会社など入り込むのがオススメです。パフューマーを目指すならフランスだし、ある程度、勉強は国内でするとしても、どこかで一度はフランスで暮らしながら勉強したいところですよね。

やはり香水文化と香水産業の歴史的な資産、人的な層の厚さ、機材・設備などの環境、すべてにおいてフランスは他国を完全に凌駕しています。


フランス留学


パンフを眺めていてるとフランスに行きたくなります。フランスの田舎は、とにかくワインとチーズが安い。このパンフでどんな日本人がどんな目的でフランスに渡るのか、みなさんの夢がかなうことを祈るばかりです。

日仏文化協会

  • (2005-11-27)

[▲page top]