モニター:香りの好みや意見は分かれてこそナチュラル
数日前にお送りしたモニター商品ですが、結果レポートが集まり始めています。長年やっているので結果はある程度予想できています。香りは嗜好性が強いのですべての人が一致して「好き」と答える香りは食べ物では比較的ありますが香水やフレグランスではないのが普通なんです。

意見が分かれてこそ「ナチュラルな傾向だね?」なんて社内ミーティングでは納得します(ちょっと大げさに言えばそれだけ当社お客様のフレグランス文化成熟度が高い!)。

たとえば、今回イメージフレグランスとして『螢(ほたる)』という新商品を入れましたが、意見はおおむね「好き」という意見ながら、トップミドルラストすべて「嫌い」という人もいる反面、めちゃ気に入ってくれる人もいます。

「めちゃくちゃいい匂いでした(^-^)フルーティフローラルなんですけどほどよく花のかおりもしてちょうどいいです☆もちはあんまりつよくないですがこのぐらいのほうがきつくなりすぎなくていいと思います(^^)v自分がさがしてたやさしいフローラル系でとにかく気に入ったんでこれだけさきに感想送らせてもらいました(*^_^*)」(神奈川県 男性)

この方は、かなり前から自分に合うフローラル系を探されていたのですが、何度かフローラル・フォーシーズンを試してもらったもののこれはというものがありませんでした。今回はヒットしたようです。
  • (2005-12-01)
<< まじめに、ナースプロジェクト< | >VOICE(お客様投書) >>

[▲page top]