伊豆大島、ツバキの香り
  • (2018-04-12)
ツバキの花の香りを確かめに大島へ (2018/04/12)


(白い椿の花 = 東京都立大島公園)


椿の季節の終わりに


当社には「椿」という香水(オードパルファン)があります。まあ、はっきりいって売れている製品ではありません。

しかし、長い間ラインアップにとどまり、特にプロモートしたりイベントしなくとも、一部のお客さまに、さりげなく控え目に売れ続けています。

そんな「椿」ですが、冬、公園や道端でツバキの花が咲いていると、当社の「椿」と生花の香りを比較するため、よく花の香りを確かめてみます。

しかし、ツバキの生花には、香りはおおむねありません。

そんなわけで、ツバキの花の香りを確かめたいと常々考えておりますが、先日、ひさびさの休暇ができ、思い切ってツバキで有名な伊豆大島に一っ飛びしてきました。

実際、行ってみると文字通り "一っ飛び" でした。


地元からあっという間の伊豆大島


私が住んでいる東京の多磨エリアには、羽田や成田とは、まったく違うタイプのローカル飛行場があります。

野球場や公園に囲まれた「調布飛行場」です。

そこから飛ぶ飛行機は、双発プロペラ機ながら、大島までのフライト時間は、ななんと、わずか25分。眠っている暇もありません。

実際に乗ってみると細長い木箱に入っているようで、また直接伝わってくるエンジンの唸り、音の揺らぎや振動がたまりません。

ボーイングやエアバスのジェット機とは、一味も二味も違うリアルな "ザ・飛行機" という感覚が押し寄せてきます(好きな方)。

このへんには、戦前、中島飛行機がありました。戦後、日本の航空機産業は完全に解体されたましたが、その名残は多少残っており調布飛行場もその痕跡ではないか、と飛行機の中で空想しておりました。


(大島到着後、振り向きショット、無事着陸できた喜びをかみしめつつ。着陸に成功したら拍手をする国が昔ありましたが、ちょっとだけ、そんな気分に)


香りのツバキ


大島では、毎年1月から3月下旬まで「椿まつり」というイベントが開催されています。

私が行った4月初旬は、イベントも終わっていますが、ツバキの花の方も、おおむね終わりかけておりました。観光客もまばらでゆっくりと島を回ることができました。

(人様のブログなど読むと自転車が楽しい島のようなことが多く書かれています。私もレンタサイクルで走り始めましたが、そこは火山島。アップダウン激しく平均的な観光客には現実的なチョイスではないでしょう。おすすめは路線バス)

季節的に春でしたので、島全体に様々な春の花の香りが漂い癒されました。


ツバキのイメージは分かれる


みなさんは、ツバキの花はお好きですか?深紅の花弁に囲まれた黄色い雄しべは、色彩のコントラストが美しく印象的です。

海外では有名なオペラ『椿姫』が象徴するように物語性がある花というイメージがあるようですね。日本では資生堂さんのブランドロゴのモチーフになった花ですね。

一方、花ごとポトリと落ちる落ち方は、尋常ではなく、昔、武士からは縁起が悪い花とみなされていたようです。


300万本のツバキの島


大島は、本当にツバキの島でした。そこかしこに自生もしくは栽培されたツバキの樹木が生い茂っています。その数、300万本、とパンフレットにありました。

火山島のためか、大きな樹木はあまり見あたらず、樹木と言えばツバキがメインな風情のエリアが多い。ただ、予想に反して、ツバキ農家と思われる人やお宅にはついに出会いませんでした。

ツバキで有名な大島ですが、産業としては島経済を支えるようなものではなさそうです。


やはり、香りはない


そこかしこにツバキが生い茂っていますので、香りを確かめようと思えば、いろいろなツバキを試すことができました。

主にヤブツバキという品種が多いのですが、珍しいツバキも多く咲いていました。

この島には「大島公園」というツバキのための公園があります。正式名称は東京都立大島公園。そう、東京都なんですね。

(余談ですが、この島を走っている車のナンバーは「品川ナンバー」

さて、大島公園ですが、広大な敷地に、これでもか、とツバキがオンパレード状態。

ただ、かすかな気配程度の香りなら多少ありましたが、残念ながら、後で書く温室内にあったツバキ以外、香りのツバキには出会えませんでした。


椿資料館


大島公園には「椿資料館」なる博物館が併設されています(無料でした)。

こちらには多彩なツバキの品種が展示されています。ツバキに関連する歴史や文化の展示もあり、興味がある人にはたまらないスポットでしょう。

私の関心は香りですので、香りに関するコーナーはないかと探すと、奥の方に、なんと香りコーナーがありました。"でかした"という気持ちですね。

なになに、アメリカでは、1950年代から香りのあるカメリア(ツバキ)の品種改良が続けられ、日本でも研究されている。

しかし、いったん香りのツバキを作出しても、土壌や環境によって香りが簡単に失われるため、香りのあるツバキを安定的に作ることは未だ成功していないような説明パネルがありました。

そして、そのパネル下には作出された香りのツバキのニオイの展示がありました。

壁に取り付けられたテニスボール大のフタを動かすと蜂の巣のような穴があり、そこに鼻を近づけるとツバキの香りが確かめられます。

・・・生花の香りを常時こういう装置で出すことは技術的に不可能、または維持コスト負担が大きいでしょうから、おそらく他の香料で再現しているものと推測されます。

しかし、この辺のディープな事情を資料館さんに下手に質問すると、警戒されるし嫌がられますし、私自身も今日はミッションで来ているわけでないので、波風立てずに楽しい無垢な観光客として体験させていただきました。

仮に推測通り、他の香料で再現したものとすると、失礼ながら、よい出来映えの香りと思いましたね。


この日出会えた唯一のツバキの香り


それは大島公園内にある温室内の白いツバキでした。

感動的でしたよ。気品の高い香りを漂わせていました。

当社の「椿」の香りよりも、南国風の明るさと楽しさが若干アップした印象でしたが、この日、唯一確かめられたツバキの香りは、当社の「椿」が、本物の花の香りに違わないものとわかり、安心しました。



(香るツバキ1 = 東京都立大島公園)



(香るツバキ2 = 東京都立大島公園)



  • (2018-04-12)

"在庫切れ"増加の見込み
  • (2018-04-01)

原料工場の爆発


事故(原料工場の爆発)により、さまざまな原料が入手できなくなっています。

この一つ前の記事、「フルボトルなしの5月の贈り物」もこの影響の一つです。


"在庫切れ"増加の見込み


今後、いくつかのアイテムで在庫切れが発生した場合、それ以上生産できなくなるケースが見込まれています。

もちろん、一時的な在庫切れであり、原料工場の再稼働が始まれば、順次再生産が始まりますので、ご安心ください。

原料工場の再稼働と成分の世界的な供給は秋口以降が見込まれています。

  • (2018-04-01)

フルボトルなしの「5月の贈り物」
  • (2018-04-01)
原料が入手できなくてキューブとミニボトルだけの製造となりました (2018/04/01)


(アネモネ)


原料工場の事故がこんなところに


先日、このブログで紹介した事故(原料工場の爆発)により、さまざまな原料が入手できなくなっています。

ある成分の在庫が底をつき、手を尽くして探しましたが、入手かなわず、今後、いつくかの商品アイテムで、一時的ですが、"在庫切れ"になるものがちらほら発生すると予想されます。

その影響の最初のアイテムが、ことしの「5月の贈り物」です。


2018年の「5月の贈り物 アネモネ」


当社では、毎年5月に限定販売の香水をリリースしています。おおむね、商品化未定の新作香水です。

今年の5月の贈り物は「アネモネ」。アネモネは、春に咲く花です。色彩や花の形のバリエーションが豊富で、人気がある花です。

香りは、特に特徴的な香りは強くありません。しかし、シトラスのような爽やかさと、ハーバルなナチュラルさ、さらにスパイシーさも含むまれており、奥深く慎み深い香り立ちに興味がそそられます。

当社のお客様は、きれいなだけのフローラルな香りに飽きている方も少なくありませんので、ちょっとおもしろみのあるフローラルとして楽しめるかもと感じていました。

しかし、残念ながら、原料ショートとなり、今年はキューブボトル以下のサイズでのご提供となりました。





  • (2018-04-01)

「越幾斯」 なんと読むでしょう?
  • (2018-03-07)
数日前にネイルケア製品の開発について投稿しました。

ネイルケアこまめのキーとなる成分が、イノンド種子エキス。

投稿後、はたと「エキスって日本語?」という思いが浮かびました。

日常的に使っている「エキス」ということば、ややふしぎな響きですよね。

ちょっとした疑問がでたとき、ネット時代は、便利ですよね。

さっそく検索するとwikipediaにエキスは、漢字では『越幾斯』と書くとあり、やはり日本語か思いきや、オランダ語extractの当て字であることを知りました。

extractは、英語でも同じ綴りなので、あえてオランド語という説明が付いているわけは、オランダから入ってきたコトバという意味でしょう。ヘエー

  • (2018-03-07)

原料工場の爆発とビタミン剤の枯渇
  • (2018-03-07)
工場の再開が遅れれば、世界的なビタミン剤不足が懸念されます。そして、当社には香水原料が入手できない悪夢が(2018/03/07)

BASF Blast
(Ludwigshafen, Germany, 18 Oct.2016 / Photo: AFP News)


BASFとは?


ドイツの総合化学会社大手。ドイツには世界最大級の化学・医薬会社がたくさんありますが、BASFはバイエル、ヘキストとともに「ドイツ総合化学御三家」と呼ばれます。

BASF通称「バスフ」。長い歴史がある会社さんです。創業は1865年、日本では明治維新がはじまろうとしている頃ですね。

世界屈指の大企業であるBASFでは、一般的な化学製品だけでなく医薬品原料や香料なども生産されています。


不運な爆発事故


BASFのルートヴィヒスハーフェン工場にて2016年10月17日、さらに1年後の2017年10月31日、爆発と火災が発生しました(ルートヴィヒスハーフェンは、ライン川中流域の小さな街で、BASFの主力工場とともに本社所在地)。

2017年の事故は、現場近くでパイプラインの組立作業が行われており、作業の火花からパイプライン内のエチレン、プロピレン、ブチレンなどの引火性液体に引火した可能性が発表されていますが、詳細は不明です。

相当規模の爆発で工場機能の多くが失われて現在も操業が大きく制限されています。


世界への影響


この影響で多種多様な製品の生産が中止に追い込まれました。

その中で、特に世界的に影響が大きい製品(成分)が、シトラールやイソプレノールです。

これらは多くの医薬成分や香料のスタート原料となっており、スタート原料から派生する多種多様の成分が製造不可となっています。

たとえば、シトラールはビタミンA・ビタミンE・イオノンなどの原料となるため、ビタミン製剤を製造する医薬品・サプリ・食品会社などへの影響は大きく、現在、世界的にビタミンA・ビタミンEが、産業ベースで非常に枯渇しています。

各社にはそれ相応の製造済み製品在庫がありますので、一般消費者への影響はまだ顕在化していませんが、工場の操業再開が遅れれば、世界的な品薄・価格高騰の恐れがあります。

そして、当社への影響。当社では多種多様な香料を製品作りに利用しています。


リナロールという成分


その中で、たとえば、リナロール。

リナロールは、多くの花に含まれるフローラルな香りの代表的成分です。スズラン、ラベンダー、ベルガモットのような芳香の成分です。

リナロールが、入っていない香水は、探す方が困難と思えるほど、香水の基本中の基本成分です。このリナロールは、BASFでの生産が止まっているイソプレンを出発原料として製造されるのです。

BASFの工場爆発事故のニュースが世界に報道されたとき、日本での報道はほぼありませんでしたし、海外でも大きくは取り上げられませんでした。

一般消費者への影響は直接的でなかったためですが、しかし、食品や医薬品関係者には大きな衝撃が走りました。また香料会社や香水メーカーにも大きなショックでした。

原料調達に走る関係者で、業界は騒がしくなり、一部では買い占め騒動も発生している模様です。

実は私もリナロールを求めて香料会社や商社など数社に電話を入れましたが、すべて「手に入らない」断られました。


当社への影響


製品在庫がある程度ありますので、すぐには影響ありませんが、新規製造分で影響を受けるものがあります。

その一つが「5月の贈り物」。

今年の「5月の贈り物」はまだ公表しておりませんが、「アネモネ」という新作を予定しています。こちらの製造にリナロールが不足しており、数量が取れない見通しです。


BASF工場の今後の見通し


BASF最新のプレスリリースによると、この3月末にシトラールの工場が完成(そうなんです、修理というレベルでなく再度建て直された模様)し、設備の導入・試運転・操業開始は6月から夏を見込んでいるとのことです。

BASF TRADE NEWS | JAN 10, 2018


リナロールの見通し


リナロールをはじめ、様々な成分が入手できない状態ですが、秋口から順次供給がはじまるのではないかという予想が業界の噂です。


  • (2018-03-07)

爪のための商品開発「ネイルケアこまめ」
  • (2018-03-04)
ネイルケア製品を試作中 (2018/03/04)

ネイルケアこまめ
ネイルケアこまめ 試作バージョン


爪にもベタガード


爪は、実は皮膚の一部。皮膚が角化(角質化)したものなので、ケアの基本はスキンケア同様、保湿がベースとなります。

だから、爪にもベタガードは有効なケアとなります。

実際、私はベタガードをハンドクリームとして利用する際、爪にもまんべんなく、丁寧に塗り込みます。

しかし、爪には爪独自の成長メカニズムと爪のための栄養分があることも事実。


爪の悩みもそれなりに


手の荒れや手湿疹は、多くの人が体験する悩みですが、爪の悩み・トラブルも多いですね。

二枚爪・割れ・欠け・変形・・・

加齢とともに発生しがちな「縦線」もマダムたちのちょっとした悩みのようです。


爪ケアの基本は"防止"


手の爪は幸いにして、3ヶ月程度で生え替わります(足はそれより遅く、3ヶ月から6ヶ月とか)。

二枚爪やひび割れ爪でも、3ヶ月で入れ替わりますので、時間をかければ新しくなる。

なので、新しく生えてくる爪がトラブルに陥らないようすることが肝要です。

つまり「爪のケア = 爪の健全なターンオーバーを促す


爪ケア製品、開発の背景


去年の今頃は、銀の消臭剤開発を喜々としてやっておりました。ビッグな製品に育てつるもりで。

しかし、結果は失敗でした。

失敗したら、もうすぐに次は何を開発しようか?と社内で話し合っていましたが、当社のスキンケア製品を製造してくれているペアブロッサム社から、爪ケア製品を提案されました。


「爪が薄くなると音色が変わる」


当初、私はそれほど乗り気ではなかったのですが、社内メンバーに聞いて回ると、爪は、案外お悩みなパーツと判明。

ギターを弾くあるスタッフは、爪が薄くなると音色が変わるそうで「欲しい」!

正式な商品化ができるか、まったく不明ですが、「爪の健全なターンオーバーを促す」クリームもしくはジェルに向けて開発がスタートしました。


キーとなる成分「イノンド種子エキス」


爪の成長を促す体内のホルモン的な物質はある程度知られています。

その重要なタンパク質の一つに「インボルクリン」があります。インボルクリンは皮膚細胞の角質化を促し爪を成長させる人の体内にあるタンパク質です。

このタンパク質の産出を促す成分として「イノンド種子エキス」があります。

イノンドとは、生薬や食品として利用されるセリ科のハーブで、英語名はディル。肉料理の付け合わせの野菜として世界的によく食べられるハーブですからご存じの方も。

この種子から採れるエキスには、インボルクリンを生み出す作用があるとのことです。

「イノンド種子 = 爪の健康」というアイデアは経験則・民間療法的に知られていたことのようですが、現在では科学的に確認されています。

体内のメカニズムは複雑怪奇、このハーブエキスを単に配合したところで、奇跡が起きるとは考えにくいのですが、臨床試験データ(爪の保湿力upとトラブルの減少)もあるので、その可能性に期待したいと思います。


商品名:ネイルケアこまめ


商品名ですが、現状「ネイルケアこまめ」です。

もしかしたら、最終的には違う名称になるかもしれません。たとえば、

「ネイルジェル・コマメ」
「ネイルクリーム・コマメ」

5月のキャンペーンプレゼントとして初お目見えの予定です。



  • (2018-03-04)
search
mode
Blog2(72), ブルガリアンローズ(23), 花の香り(21), ローズジェル(20), moved(18), 香水セミナー(18), 人生(17), 香水ボトル(15), ベタガード(15), 白檀香水(13), メンズ香水(12), 練り香水(12), 香水ビジネス(11), 香りの話題(11), ムスク(11), モテ香水(10), 銀の抗菌防臭(10), 精油(10), 『香る生活』(10), アイテム(9), ローズウォーター(7), 香水ニュース(7), 体臭(6), ベチバー(6), スキンケア(5), お茶(4), 香りと健康(4), 企画・イベント(4), アロマテラピー(4), 調香師(パフューマー)(4), 廃盤&復刻(4), 香水の悩み(3), 使い方(3), 香水カグー(3), 香辛料(3), 感想(3), 化粧品原料(3), お客さま投書(3), コスメ名言(3), メルマガ(3), OEM(3), 安眠と香り(3), 店舗(3), 香水の販促(2), 香料(2), 動画(2), 使用期限(2), ローズ香水(2), ネイルケアこまめ(2), sns(2), スモカワ(2), ブランド(2), Amazon(2), 香水月桃(1), ユリ(1), 5月の贈り物(1), 香水「摩天楼」(1), 沈香(1), 悪臭(1), ハニーサックル(1), スリーピングミスト(1), 嗅覚(きゅうかく)(1), 検索ワード(1), スピリチュアル(1), フェロモン香水(1), プチギフト(1), シャワージェル(1), ジャスミン(1), エコ・プロジェクト(1), お酒と香水(1), マスコミ(1), モバイル(1), 香水展示会(1), 香木系の香り(1), 社内風景(1), 香水市場(1), 香水の落とし方(1), ローズの贈り物(1), 香水の取り方(1), 商品開発(1),
admin

[▲page top]