変化する香り立ち

香水の香り立ちは、最初華やかに香るトップノートからミドルノート、そしてラストノート(ボトムノート)までグラデーションのように変化していきます。

同じラストノートでもしっかりとしたボディ感を保った香りから徐々に弱くなり、香るか香らないかわからないくらいまで弱くなり消えていきます。その時間は香水の種類や製品によって千差万別で早いもので数時間、継続するものなら数日持続します。

しかし、香水として最も安定してふくらみのある香り立ちは、ミドルノートがはじまる頃から数時間程度が一番美しいと思います。また、そういう製品が多いようです。

ということは香水は、つけてからミドルノートが訪れる10分後、20分後からが見せ場ですので、もしパーティなどで最高の香りの演出をしたいのなら、何時間も前に自宅でつけてでてくるより、パーティ会場には少し早めについてから会場の化粧室で香水をつけるもの一つの手です。

香水はつけるタイミングも少しねらいをつけて最高の香り立ちを演出して下さい。

香水をつける時間

お出かけ前:香水の種類によって違いますが、通常トップノートが香る最初の10分~15分程度は、アルコール臭も含みますし、急激に変化する部分なので対面する場合、まだおめかしの途中のようなものです。香りが落ち着くまでの10分程度前までに付けるとよいでしょう。