加齢臭
HOME

加齢臭

なぜ、香水入門サイトで加齢臭の話題?

香水入門サイトに「加齢臭」の話題を盛り込むのは、どうかと思いましたが、香水セミナーなど開催すると、お父さんたちの香水を使用するキッカケやモチベーションとして「加齢臭」が非常に大きな存在であることを実感します。香水と加齢臭は、とりあえず日本の男性には関係が深い状態になっています。

加齢臭というコトバ

中高年特有の体臭を「おやじ臭」とか「オヤジのニオイ」と呼ばれてましたが、資生堂が「加齢臭(かれいしゅう)」と命名して以来、一般的に普及するようになりました(でも資生堂さんによってちゃんと商標登録されています)。

加齢臭の原因と、憎きノネナール

加齢臭とは、中高年特有の体臭の総称ですが、その原因物質と発生メカニズムが1999年、資生堂と高砂香料工業の共同研究で明らかになりました。その正体が「ノネナール」です。

加齢臭に限らず、ニオイは一般に表現単語が不足しており(全世界の言語の共通する現象:人類はニオイに関心が薄いようです)、うまく言い表にしにくいのですが、あえて言えば、酸っぱく脂臭くツンとくるニオイです。揮発した「ノネナール」があなたの鼻を刺激しているのです。ノネナールは揮発性の不飽和アルデヒドの一種で広い意味でのアルコール系列の物質と言えます。

40代から増える特殊な脂肪酸

ノネナールは若い人にはほとんど見られませんが、40代から増えることが観察されています。ノネナールは、皮脂に含まれる脂肪酸の一種9-ヘキサデセン酸(パルミトオレイン酸)という物質の分解・酸化と皮膚の常在菌(バクテリア)によって生成された物質です。

パルミトオレイン酸は若い人には見られない物質です。そもそもこのパルミトオレイン酸が中高年になるとなぜ増加するのか判明すれば根本的に対策のしようもありそうですが、現状不明です。->そうです。根元的で根本的な対策はまだ見つかっていません。基本的にアンチエイジング対策しかないでしょう。それはそれで最高の対策ではありますが。

おとうさんの脂(あぶら)と、ノネナール

皮脂は皮膚内の表皮に存在する皮脂腺から分泌されます。皮脂は体内の中性脂肪がグリセリンと脂肪酸に分解され、脂(あぶら)という形態で皮膚表面を被います。この皮脂膜内の脂肪酸(パルミトオレイン酸)が空気中の酸素と反応したり、バクテリアの酵素で反応して酸化されると過酸化脂質となり、揮発性アルデヒドの一種でニオイの原因であるノネナールが発生します。

加齢臭の対策・・・理論的には簡単

メカニズムがわかれば、対策は理論的には簡単です。

  • 脂肪酸を皮膚から出さない
  • 脂肪酸を酸化させないために皮膚に抗酸化物質を添加
  • 脂肪酸を酸化させる細菌を殺菌


実際、加齢臭対策商品には、ノネナールの基質となる脂肪酸の酸化を抑制する抗酸化剤と抗菌剤が配合商品が主流を成しています。

加齢臭対策、その1)脂肪酸の分泌を押さえる・・・即効性はないが長期的にGOOD!と予想される

おとうさんたちには不要な脂(あぶら)が多すぎるのです。私の友人はお坊さんになるため一年間精進料理だけで過ごしましたが、カラダ中の脂(あぶら)が失われていました。これは理論的にも有効な対策です。

加齢臭対策、その2)抗酸化物質の摂取・・・アンチエイジングとして大局的にGOOD!と予想される

加齢臭対策には様々な意見があります。個人的にたいへん疑問に感じるのが「抗酸化成分を食べる」。100%賛成ですが、こと加齢臭対策として意味があるのかと思います。実証実験を実施したわけではないのですが、逆に抗酸化成分の摂取で加齢臭改善を主張される方々の臨床試験結果を見たことがありません。

抗酸化成分は細胞内で、活性酸素と差し違えて活性酸素を無毒化します。アンチエイジングの非常に重要な手法ですが、ノネナールは皮膚表面で発生する物質で体内に摂取された抗酸化物質が皮膚表面の排出されることは聞いたことがありませんので直接的な効果は少ないと考えます。しかし、大局的にアンチエイジングはすべての老化を遅らせる作用があること考えると大いに意味のある食習慣ではないでしょうか。賛成です。

    抗酸化物質を含む食品の例
  • ポリフェノール(赤ワイン)
  • カテキン(お茶)
  • イソフラボン(大豆)
  • リコピン(トマト)
  • ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE


加齢臭対策、その3)清潔を心がける・・・一時的にGOOD!と予想される

加齢臭対策として即効性アリ。シャワーやお風呂で憎きノネナールを細菌とともに洗い落としましょう。しかし、問題は数時間でおとうさんたちの皮脂は元通りのはずです。こまめに清潔を心がけましょう。忙しいけど必ず成果がでる対策法です。

加齢臭対策、その4)加齢臭対応トイレタリーの使用・・・一時的にGOOD!と予想される

加齢臭に効くトイレタリー(シャンプー、ボディソープ、石鹸など)が市場では販売されています。自分で試していないので評価は差し控えますが、ある大手メーカーさんの製品では、理論通り抗酸化薬剤と抗菌薬剤が配合されていることがプレスリリースに記載されています

間違いなく効果があると思います。しかし、シャンプーやボディソープに抗酸化物質や抗菌物質を配合した場合、使用後のそれらの保留性と有効時間が問題になります。シャンプーもボディソープも洗い落としますので抗酸化物質や抗菌物質がどれくらい肌に残るのか素朴に疑問です。少なくともほとんどの成分が洗い落とされ、わずかに残留した成分で何時間くらい効果が発揮されるのか、お話を伺いたいところです。

加齢臭対策、その5)加齢臭対応ローション(化粧水)の使用・・・GOOD!と予想される

ローションとは、基礎化粧品の一種で化粧水とも呼ばれます。通常ほとんどが水ですが保湿成分や抗酸化成分などを配合します。加齢臭対応トイレタリーには申し訳ありませんが、まだしもローションの方が持続性があるように予測します。なぜならシャンプーと違い抗酸化物質や抗菌物質は洗い落とされないため長時間肌にとどまり効果を発揮することは予想されるためです。

加齢臭対策、その6)体臭分解下着・シャツの着用・・・GOOD!と予想される

世の中には体臭を分解する新素材があるらしいのですが、調査中。

加齢臭対策、その7)光触媒ニオイ分解シャツの着用・・・GOOD!と予想される

世の中には光触媒にて殺菌効果のある素材を織り込んだシャツがあるらしいのですが、調査中。

加齢臭対策、その8)香るガム&キャンディー・・・別の意味でGOOD!と予想される

世の中には、食べれば体臭がバラのように香るというウリのガムがあります。原理は昔から考えられていたのですが、実際に臨床試験まで行い商品化されたところはそれほど多くないと予想されます。売れているそうです。原理は、バラの香気成分であるゲラニオールやネロールが配合されています。これらの香気成分は一部皮膚から排出されるためカラダがバラの香りになるというものです。

対加齢臭の決め手がありませんので、直接的な加齢臭対策にはならないと思いますが、マスキングとしては有効と思われます。バラの持続時間は2時間程度継続するそうです。

加齢臭対策、その結論・・・根本療法はまだ見つからない、でもアンチエイジングがある!

以上、読んでくださった皆様お疲れ様でした。ある人にはヒントがあったかもしれません。また、ある人には軽い失望を与えたかもしれません。なぜなら、加齢臭対策のそのすべてが、対処療法であり、そもそも根本的に加齢臭を発生させないための対策を提案していないからです。

それはノネナールを発生させる特殊な脂肪酸が中年から、なぜ増えるのか解明できないからであり、また仮に解明できたとしても完全無害で安価な解決策があるとは予想されないためです。

しかし、加齢臭もある意味、老化に伴う不具合のひとつであり加齢臭だけを、ああだ、こうだと悩み対策を練ることは時間的にも労力的にも平均的な私たちには無理な話です。

ここは、加齢臭を「アンチエイジングという大きなテーマの中の一トピック」ととらえ、アンチエイジング対策の中でその他もろものの不具合とともにまとめて解決・対応するという考え方はどうでしょうか?日常生活の中でお金を掛けずにアンチエイジング対策を考え実行しませんか?