Kシリーズ香水ボトル 誕生

新しいボトルが誕生しました。現行のフランス製30mLボトルから新しい国産の「Kシリーズ25mL」ボトルへ移行中です(2016年9月「沈香」からスタート)。

順次、新ボトルへ移行予定です。全製品が移行し終わるまでに2年程度を予定しています。



NEWボトル の特徴

現行の30mLボトルに対して、新ボトルは25mLとやや小さくなります。

しかし、最大の違いは「スプレー部分が取り外しできる」点です。現行ボトルは「カシメ」タイプで取り外しはできません。新ボトルは「ネジ」タイプで取り外し可能です。



NEWボトルへ移行中

2016年12月現在、30mLボトルから新しいKシリーズ25mLボトルへ、ゆっくりと移行中です。

新ボトルへ移行中
30mLボトルからゆっくりと25mLボトルへ移行中



なぜ香水はカシメタイプが主流?

香水のスプレー部分は、ワールドワイドでは、カシメタイプが主流です。カシメとはボトルとスプレーの接合を金属などで圧着する方式を指します。いったん加締ると取り外せない接合方法です。

香水スプレーとして、カシメタイプが採用される理由は下記の通りです:
  • (1) 液漏れに対する安全性
  • (2) 配送中や店舗での異物混入のリスク軽減
  • (3) 揮発防止




ネジ式のメリット

近年エコ意識の高まりと同時に、ネジタイプのスプレーが見直されつつあります。ネジタイプにはどんなメリットがあるのでしょうか?
  • (1) リフィルや小分けが可能
  • (2) 分別廃棄が可能
  • (3) ボトルやスプレー部分の再利用が可能




25mLの通常ボトル

当社現行のフルボトル容量は 30mL ですが、新ボトルのサイズは25mLとなります。

Kシリーズ25mLエコ・ネジタイプ香水ボトル
Kシリーズ 25mL標準ボトル



100mLボトル投入

そして、今回100mLボトルを新規に投入することになりました。世界的な売れ筋の香水の容量は50mLと思われます。

日本以外の地域では比較的ジャバジャバを香水を付ける傾向がありますが、日本では控えめに使う人が圧倒的に多く、世界標準の50mLよりワンサイズ小さい30mLボトルが好まれます。

しかし、30mLでも使い切れず何年も残ってしまう方も少なくありません。

ちなみに当社のお客様の場合、30mLのボトルを3ヶ月程度で使用されるお客様が多いようです。

Kシリーズ100mLエコ・ネジタイプ香水ボトル
100mLボトル。ネジキャップでの販売ですが、スプレー装着も可能です



新規開発のネジキャップ

100mLボトル用に今回新規にネジキャップ(アルミキャップ)を制作しました(25mLボトルにも使用可能です)。

アルミ・ネジキャップ
アルミニウム製のネジキャップ(100mL用)



スプレー

スプレー(スプレイヤー、ディスペンサー)は、メタル製で脱着可能なタイプです。



Kシリーズ スプレー&オーバーキャップ
オーバーキャップとスプレー(25mLボトル用と100mLボトル用があります。違いはチューブの長さだけ)



空のキューブボトル(4mL)

ネジキャップになることで、香水を小分けしたいというご要望も多くなると考えられます。小分け用のボトルとして、市販のアトマイザーやミニ香水ボトルなど、お好きなボトルがご利用いただけます。

しかし、市販アトマイザーなどを別途購入することが面倒というお客様のために、空のキューブボトル(4mL)も同時に販売することになりました。

4mLキューブボトル(ミニスプレー香水ボトル)
4mLキューブボトル(ミニスプレー香水ボトル)



プライス

  • ・25mLボトル(スプレー付き) ・・3,800円
  • ・100mLボトル(スプレー付き)・・11,000
  • ・4mLキューブ(空ボトル)・・・・360円




Kシリーズボトル仕様

★【仕様】
KS-F 平角25B / 25ml / 69g / H71.6 x W45.0 x L22.0 mm
KS-F SHINE100B / 100ml / 226g / H120.0 x W60.0 x L34.0 mm

★ 【ネーミング】
→ ボトルシリーズ名 ・・・Kシリーズ (エコキャップ、エコ・リフィル)
→ ボトル本体 ・・・K25, K100
→ アルミキャップ ・・・ネジキャップ (アルミキャップ エコキャップ)
→ スプレイヤー ・・・スプレー
→ キーワード ・・・香水・フレグランス・エコ・リフィル・詰め替え・小分け