夏の車内、ベタガードも溶けます
猛暑が続いています。発狂しそうです。車内に置かれたベタガードはどうなる?(2017/07/16 国分)


(炎天下の車内に置かれたベタガード、見えにくいですが中身が溶けています)


夏の車内は70度とも


屋根のない場所に駐車されている、いわゆる炎天下での車内ですが、直射日光を受けるダッシュボードの温度は60度とも70度とも言われます。

これは気温でなくボードの温度ですが、車内気温なら40度から60度程度になるかと思われます。

気温50度の猛烈な熱波に見舞われているインド・米国の乾燥地帯では、車内は、さらに恐ろしい状況になります。

タンパク質は、60度程度で変質が始まります。60度を超えれば、その人の気力や体力とは無関係に、人体の内部組織に破壊がはじまる温度です。

夏の車内は、たいへん危険です。


ベタガードを車に置き忘れたら?


ベタガードの中身は、サンホワイトという純度が高いワセリン。

一般的なワセリンよりも純度が高く分子量が比較的近い炭化水素の集まりですので、溶け始めると比較的すぐに溶けます。

ベタガードは、50度くらいで溶け始めます。溶けると液化しますので、万一液化した状態でフタを開けるとこぼれる、開け方によっては飛び散ることもありますので、ご注意ください。

気温が下がれば、ベタガードの温度も下がり、素直にもとの状態に戻ります。鏡面状態になりますので、むしろ、買いたてのようにきれいかもしれません。

熱溶解による成分の変質は通常ありません。香りも私たちがテストした範囲ではスポイルされません。そのままお使い下さい。


  • (2017-07-16)
<< "新車の香り"が売上を左右する中国< | >半ズボンのススメ >>

[▲page top]