移転しました
取引先には「またですか?」(2017/10/20 国分)

移転しました
(移転祝いの定番、お花と観葉植物・・・しまった、取引先には"受取辞退"の連絡をしておけばよかった・・・)


移転しました


先週の金曜から週末まで臨時休業にして引越作業を行いました。

休業中のご注文の発送が数日遅れたことをお詫びいたします。


移転中のトラブル


NTTの光回線の移転作業ははまりました。引越先の建物が特殊だったことが原因です。

この建物は店舗フロアと住居が複合したビルなんですが、店舗フロアの回線は、通常あるべき建物の共用設備に収容されておらず、外部から個別に引き込む形態でした。

工事が当日終わらず、その数日後に仕切り直しとなってネットの立ち上がりが数日遅れました。

営業再開は10月16(月)からでしたが、実際はネットがなくシステムもセットアップできず、開店休業状態でした。

これ以外は、大きなトラブルなく終わりました。


移転遍歴


当社は、もともと国分寺市で創業しました。今回の移転は、小平から国分寺なので、故郷に戻ってきた感じです。

以前には、新宿にでたこともあるんですよ、ちょっと事情があって、ちょっとしたビルの一室を間借りしておりました。

それ以外は、すべて武蔵野エリアをうろうろ。この10年の移転遍歴は、こんな感じです。

2009年に国立、
2010年に小平、
2014年小平市内で再度、

結局、国分寺に戻りました。

8年ぶりの地元。今回は地元ということもあり、この地で長く営業したいと考えています。


「またですか?」


ある取引先には、ちょっと呆れた声でこう言われました。

かすかな嫌みも感じないこともない響きでしたが、気持ち分かります。

取引先が移転すると顧客台帳の変更が必要で、わずかな事務作業ながら余計な仕事が増えますからね。

大きな会社さんや関連会社まで影響がある場合だと、担当者レベルでは柔軟に書き換えても、他の部署や関連会社では書き換えられていなかったり。

それで、旧住所に資材が届くなどの小さなトラブルが増えがち。


辞退したい移転祝い


早々に移転祝いのお花など贈ってくれるお取引先もあって、何回も贈ってもらうのも気が引くもの。

「移転おしらせ」メールには「移転祝いは、受取辞退いたします」の一言を入れておけば良かったか、と思った次第です。

しかし、ハナから移転祝いなど贈る気がない取引先に「移転祝い、辞退」を高らかに宣言するのも失笑ものだし・・・


  • (2017-10-20)
<< 香水の会社が移転してきました< | >他社ブランド商品と失敗の記録 >>

[▲page top]