<香水ショップ、お客様質問ランキング | 素敵なパリ、ブランドにとってのパリ>

地方発ブランドの意味
  • (2018-01-18)
記事「素敵なパリ」の続編です。


パリの二面性


化粧品メーカーや化粧品ブランドにとって「土地」の持つイメージの重要性を書こうとして書いていたら曲がりくねってパリの話になってしまいました。

イメージのよさでは世界トップクラスのパリですが、私には映画『パフューム』で明かされてあの臭いパリのイメージが強い。

汚物も華麗なモノも渾然一体としたケオスの世界が私にとってのパリ。本当のパリを知るためにはパリの社交界に入らなければわからないと思いますが、遠い世界です。


ブランドの潮流、パリから地方へ


今まで世界の多くの化粧品ブランドが「パリ発」であることにこだわってきたと思います。

ところが、なかには「プロヴァンス発」のような都市というより、この場合は地方になりますが、ある特定地方や地域発であることを謳うブランドが近年人気を博しています。

「パリ発」よりも「プロヴァンス発」の方が、自然のイメージに関して言えば、断然美しいのです。特に現代人には。

自然回帰が世界的な潮流となろうとしている現在、このような「地方発」ブランドがさらに勢力を拡大すると予想されます。


日本の地方とブランド


さて、そのとき日本に世界ブランドとして通用する土地はあるか?という問題になります。

日本の地方には、潜在力を秘めたところがたくさんあると思います。

ただ「プロヴァンス発ブランド」さんが見せてくれた「その地方の世界観を構築する力」はどうでしょうか?

私たちは、まだ力不足と痛感します。


  • (2018-01-18)
search
mode
Blog2(72), ブルガリアンローズ(23), 花の香り(21), ローズジェル(20), moved(18), 香水セミナー(18), 人生(17), 香水ボトル(15), ベタガード(15), 白檀香水(13), メンズ香水(12), 練り香水(12), 香水ビジネス(11), 香りの話題(11), ムスク(11), モテ香水(10), 銀の抗菌防臭(10), 精油(10), 『香る生活』(10), アイテム(9), ローズウォーター(7), 香水ニュース(7), 体臭(6), ベチバー(6), スキンケア(5), お茶(4), 香りと健康(4), 企画・イベント(4), アロマテラピー(4), 調香師(パフューマー)(4), 廃盤&復刻(4), 香水の悩み(3), 使い方(3), 香水カグー(3), 香辛料(3), 感想(3), 化粧品原料(3), お客さま投書(3), コスメ名言(3), メルマガ(3), OEM(3), 安眠と香り(3), 店舗(3), 香水の販促(2), 香料(2), 動画(2), 使用期限(2), ローズ香水(2), ネイルケアこまめ(2), sns(2), スモカワ(2), ブランド(2), Amazon(2), 香水月桃(1), ユリ(1), 5月の贈り物(1), 香水「摩天楼」(1), 沈香(1), 悪臭(1), ハニーサックル(1), スリーピングミスト(1), 嗅覚(きゅうかく)(1), 検索ワード(1), スピリチュアル(1), フェロモン香水(1), プチギフト(1), シャワージェル(1), ジャスミン(1), エコ・プロジェクト(1), お酒と香水(1), マスコミ(1), モバイル(1), 香水展示会(1), 香木系の香り(1), 社内風景(1), 香水市場(1), 香水の落とし方(1), ローズの贈り物(1), 香水の取り方(1), 商品開発(1),
admin

[▲page top]