香水ショップ、お客様質問ランキング
  • (2018-01-19)
<< お客さま投書< | >地方発ブランドの意味 >>

安定している質問のトップ4


香水専門店を展開されているある会社の社長さんのお話です。

ブランドや商品の銘柄を決めて来店されるお客様は、当然指名買い。

ですが、そうでないお客様の場合、お客様からの質問トップ4は下記だそうです:

・優しい香り
・爽やかな香り
・バラ
・石鹸のような香り

私の経験ともかなりオーバーラップします。同感です。

それぞれの質問について見ていきましょう。


優しい香りがする香水


「優しい香り」は私たち日本人に特徴的な要望で世界的にも珍しいのですが、トレンドとして世界的に、香水はこの方向に向かっていると考えています。


爽やかな香りの香水


「爽やかな香り」も昔から根強い人気で香水に求められる基本機能です。

濃厚な香り、セクシーな香り、エキゾチックな香りが好きな人でも、何品か香水を揃れば、やっぱり爽やか系の香りは絶対にはずせないアイテムですよね。


バラ系の香水


「バラ系」もフレグランスの定番です。

とことん「私のバラ」を探しているディープなファンも少なくありませんが、こだわりが強いため、なかなか「これだ!」という一品が見つからないジレンマを抱いている方もチラホラ。

やっと見つけた「私のバラ」が、なんとオフィスの他のスタッフとかぶったという悲しい事態も。

それどころかやっと見つけた「私のバラ」なのに「それいい香りね」と質問、商品名を聞き出して同じ香水を買ってくる同僚の話も聞いたことがあります。

たかが香りですが、ちょっと複雑な人間模様ですね。一応ヨーロッパではこのような行為はNGとみなされています。

日本でも他人の香りに対して敬意というか尊重というか、そういったものを抱く文化があってもよいかもしれません。


石鹸のような香りの香水


「石鹸のような香り」を探している人が少なくないのはやや不思議な現象です。

石鹸の本来の香りは、脂臭いです。原料が脂だし、脂臭ですからね。

市販石鹸は、香料で脂臭さをマスキングしています。なので、石鹸会社の香料のチョイスが、その石鹸の香りです。

「石鹸のような香りありませんか?」と言われると、多種多様な石鹸が売られていて、その香りも千差万別、どの石鹸のことか悩んでしまいます。

「石鹸のような香り」とは、おそらくスズランの香り、ホワイトムスクの香り・・・あたりのご要望と思われます。

しかし、「石鹸のような香り」は業界でも定義がありません。実際個人差も激しいのではないでしょうか?


「石鹸のような香り」は、海外では聞かれない質問


ちなみに、この質問は海外では聞かれない。

日本の香水バイヤーさんが海外に買い付けに行くとき「石鹸のような香りの香水」を要望すると、逆に「どんな香り?」と質問されます。

「全然返答できない」・「全然会話がかみ合わない」という状況は、香水バイヤーさん達のよく聞く笑い話であり悩みです。


  • (2018-01-19)

[▲page top]