香水のプレゼントは難しい、と欧米人も感じている
  • (2005-11-29)
なぜなら、香水は個人の嗜好が厳しく、有名な香水でも高価な香水でも、好きになれないものは好きになれない。高価な香水も好みをはずすと、サイズの合わない靴をプレゼントされたようなもの。汎用性のなさがプレゼントとしてはかなり難しい商品です。

また香水のプレゼントは場合によって多少意味があります。たとえば若い女性が男性から真っ赤なバラの花束をもらったら、とってもうれしい場合と気が重い場合があることはあなたの周囲でもよく見かける風景ですよネ?

香水には、深紅の薔薇ほどの意味はないにしろ、セクシーな香水ほどそういう意味合いが強くなるので(かなりセクシーな香水は下着のプレゼントに近い意味の場合もあります)、香水に長けた欧米人も選ぶときは悩んでいます。そんなわけでクリスマスシーズンやバレンタインデーが近づいてくると雑誌や新聞などに「彼女を喜ばせる香水選びの達人」「彼が気に入る香水の選び方」などの記事が頻繁に掲載されます。

香水選びに慣れているはずの彼ら、何を今さら、というような内容も少なくなく、むしろ日本人の私が驚かされます。それだけ彼らも香水のプレゼントは難しいと感じているのかもしれません

それでも日常的に香水をよく使用する彼らはいろいろな香水をもらい自分の化粧室にコレクションすることが嫌いではないようです。




  • (2005-11-29)
<クリスマスシーズンに作りすぎた香水は? | 香水業界にとってのクリスマスセール>
page top:▲
search
mode
Blog2(72), ブルガリアンローズ(23), 花の香り(21), ローズジェル(20), 香水セミナー(18), moved(18), 人生(17), ベタガード(15), 香水ボトル(15), 白檀香水(13), メンズ香水(12), 練り香水(12), ムスク(11), 香水ビジネス(11), 香りの話題(11), 精油(10), 『香る生活』(10), 銀の抗菌防臭(10), モテ香水(10), アイテム(9), ローズウォーター(7), 香水ニュース(7), ベチバー(6), 体臭(6), スキンケア(5), 香りと無関係な話題(5), 企画・イベント(4), 廃盤&復刻(4), 香りと健康(4), お茶(4), 調香師(パフューマー)(4), アロマテラピー(4), 香水の悩み(3), 香辛料(3), コスメ名言(3), 店舗(3), ネイルケアこまめ(3), 香水カグー(3), OEM(3), お客さま投書(3), 使い方(3), メルマガ(3), 安眠と香り(3), 化粧品原料(3), 感想(3), 使用期限(2), ブランド(2), sns(2), 動画(2), 香料(2), ローズ香水(2), 香水の販促(2), 5月の贈り物(2), Amazon(2), アンチエイジング(2), スモカワ(2), 香水月桃(1), ハニーサックル(1), ユリ(1), 悪臭(1), 嗅覚(きゅうかく)(1), ローズの贈り物(1), 沈香(1), 香水「摩天楼」(1), スリーピングミスト(1), お酒と香水(1), 香水の落とし方(1), シャワージェル(1), ジャスミン(1), プチギフト(1), 香水の取り方(1), 検索ワード(1), スピリチュアル(1), 香水市場(1), 香水展示会(1), フェロモン香水(1), マスコミ(1), 商品開発(1), 社内風景(1), 香木系の香り(1), モバイル(1), エコ・プロジェクト(1),
admin